HOME > 耐震診断・耐震改修 > 耐震診断の流れ
耐震診断の流れ

事前打合せ
建物の規模、構造、原設計図書の有無等を確認した上で、見積書を提示します。
現場調査
作業開始となって原設計図書を借用し、現場へ目視調査へ赴き、建物の劣化度調査と図面照合作業を行います。
その際に、各種構造の強度試験、及び劣化度調査を並行して行います。
耐震診断
現場調査結果を基に、耐震診断を行います。
当社で耐震診断を行った場合は、診断結果を基に、補強計画案の作成まで行います。


設計者により診断方法を選択
主な診断内容はこちら

耐震診断報告書提出

診断結果を基に補強設計へ
耐震診断の前段階として行う「予備調査」も行っております。
過去には「予備調査」のみのご依頼も承っております。
「予備調査」も「耐震診断」のご依頼もまずはご一報ご連絡下さい。