HOME > 耐震診断・耐震改修 > 耐震診断とは?
耐震診断とは?
簡単に言いますと、「建物の診察」の様なものです。
但し、皆様のように定期的に誰でも診断ができるという事ではなく、ある時期より以前の建物に付き耐震診断をして頂く必要性があります。その時期のというのが昭和56年6月の建築基準法改正で、それより以前に建築された建物において、耐震診断が必要となります。(下図参照)

昭和56年6月憲法基準改正

耐震診断は、まず現場へ赴き建物の現状を確認し、現況の劣化状況(コンクリートのひび割れ等)を考慮した上で、耐震診断をします。その後、耐震補強(よく小学校の校舎等で見かけられる鉄骨のX印のもの等)が必要かどうか、必要な場合はどのくらい補強しないといけないのかが分かります。
補強が必要となった場合、耐震補強設計でお客様とお打合せをしていき、利用されている建物の用途に合わせて、なるべく支障を軽減できるように補強箇所を決めていきます。そして補強箇所を決定した上で耐震補強工事という流れになります。